ベトナム・インドシナ  2010/11/12(金曜日)
越ロンタイン空港計画を作成:JАC、日本PPP形成へ[運輸]

日本空港コンサルタンツ(JАC)はこのほど、南部空港総公社(SAC)から1年前に受託したロンタイン国際空港(南部ドンナイ省)建設計画のマスタープランをまもなく完成する。2018年に着工予定の同空港建設計画は、交通運輸省が承認し、日本が主導する官民パートナーシップ(PPP)事業として進む見込みだ。

ロンタイン空港はホーチミン市タンソンニャット空港の代替国際空港で、両空港間は43キロ離れている。ロンタイン空港計画は菅直人首相とグエン・タン・ズン首相の先月末の会談でも議題になった。マスタープランを踏まえて、国際協力機構(JICA)が詳細な事業化調査(FS)を行い、第1期分のインフラ関連は「官」が請け負い、ターミナル運営や第2期以降の拡張は「民」が分担するものとみられる。

約230億円の円借款が投じられ07年に完成したタンソンニャット空港の国際線ターミナルビルはJАCがコンサルを担当。この実績が評価されて、ロンタイン空港のマスタープラン作成をベトナム政府が依頼したものとみられる。ただ、タンソンニャット空港は「ハードは素晴らしいが、ターミナルビル運営やタクシー乗り場などソフトが課題」と言われており、ロンタイン空港が民間のソフト力をどう発揮できるかが注目される。

■総額60億米ドル?

10日付ダウトゥ電子版によると、ロンタイン空港の総工費は60億5,000万米ドル(1米ドル=約81円)とされるが、これに土地収用費は含まない。20年完成の第1期までに43億4,000万米ドル(うち基礎インフラが12億8,000万米ドル)が投じられ、同年の需要予測は旅客2,500万人、貨物63万9,000トン。30年には4,450万人、120万トンになるという。

[PR]

[PR]

NNA News Headline

コラム

アジア・豪州から毎日お届けする人気コラムです。経済ニュースを読む前にどうぞ