インド  2014/08/22(金曜日)
アマゾンの無人機配送、インドで試験実施か[商業]

電子商取引(EC)大手の米アマゾンが小型無人機による配送実験を、西部マハラシュトラ州ムンバイと南部カルナタカ州バンガロールの国内2都市で実施する可能性が浮上している。匿名の消息筋の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。

アマゾンは、ムンバイとバンガロールに倉庫を置いている。同筋によると、実施時期は「早ければディワリ(灯明祭)ごろだ」という。ただ、この件について、アマゾンは「将来に何をするか、何をしないかについてはコメントしない」としている。

アマゾンが配送に無人機を使う構想を明らかにしたのは、昨年12月のこと。無人機の最大積載重量は約2.3キログラムで、アマゾンが扱う商品の86%前後が配送可能となる。ディワリの前後は1年の中で最も消費が盛り上がる期間で、仮にアマゾンが商品を1個でも運べば、地場フリップカートと国内のEC市場の覇権を争う上で、広告的に大きな効果がある。

無人機の使用に関する法整備に関し、政府の意識は低い。民間航空管理局(DGCA)は、アマゾンの計画を把握しておらず、空撮や調査、野生動物の保護などを目的に既に無人機を運用している業者も、DGCAの許可を得る必要があるとは考えていないと述べている。米国では、アマゾンを含めた企業による無人機の屋外での運用は認められていない。

[PR]

[PR]

NNA News Headline

コラム

アジア・豪州から毎日お届けする人気コラムです。経済ニュースを読む前にどうぞ